« 2014年3月 | トップページ

2014年10月

近況マンガ

01

よいしょー!

ブログの存在を私とみなさんが覚えているうちに更新しときますよ!

前作の連載中に何が一番大変だったかといえば、途中で担当さんが変わった事でした。

しかも作家を受け持つのが私が初めてという新人の方で目の回る様な忙しさに加えて

写植やアオリのミスを小姑のように詰る日々にこちらは精も根も尽き果てたのですが、

どれだけ怒られようがへこたれない新担当さんに、若さって素晴らしいなと感心していたんですが

単に真性のMだった事が分かり、今は結構どうでもいい日々です。でも頑張り屋さんですよ。

来年結婚されるとの事で話しを聞く限り今から尻に敷かれるのは明白ですが、まぁ公私共に頑張ってください。

|

くいらく

どうも一週間ぶりでございます。今週のヤングジャンプに「くいらく」という読み切りを載せていただいてますので、よろしかったら読んでみてください。

今回は寄席芸人さんのお話ということで、しきたりやルールなど本を読むだけでは心許ない点がありましたので、実際に真打の噺家さんにお話しを伺ったのですが、一般的な社会ではとうに廃れた様な一見面倒な決まりごとや心得を若い方が引き継いでおられるところが魅力であり色気なんだろうな、と感じました。鯉朝師匠、ありがとうございました!

さて先週の萌えっ子芸人の答えですが、5代目の春風亭柳朝子ちゃんでした~

当たらなくても私の描写力の問題ですので一切問題ないですよ~

今回も急ぎ足に描く事は描きましたが~

Photo_4


顔の造りや表情や仕種や小道具などこんなに特徴のある噺家は他にいないであろうにも関わらず、全く似ませんでした。談志子ちゃんです…なんとなく簡単に描けそうな気がしたのですが、やはり何事も楽をしようとするのはいけませんね。せめて袴にするべきだったか…

|

お久しぶりです

1_4 どうもご無沙汰しています。
前回の日記が旅立つ前に慌しく更新してから以降、音沙汰無しのままで申し訳ありません。

別にその間、放浪し続けた訳でも旅先でくたばった訳でもなく、ひっそりと生き存えておりました。

旅から帰ってしばらくは、予ねてから行きたいと思っていた寄席に通っておりました。

この寄席という場所はなんとも不思議な魅力のある所で、この平成の時代でも「寄席と共に生きたい!」という若者が後を絶たないのが少し分かる気がしました。

そんなこんなで寄席の世界に魅了されていたある日「秋に読み切り載せるからね!なんか描けよ!」と、完全に油断していた背後から思い切りケツを蹴り上げられる様なお達しを受け、夏から先週にかけては原稿をね、していたんですよ。そういえば私は漫画を描いて生計を立てる身の上なんでした。働きもせず毎日寄席に通っていい身分なはずがありません。頑張ります。

という訳で今回の読み切りはその名残りが残されたお話しです。来週のヤングジャンプに掲載されるみたいです。よろしくお願いします!

久しぶりついでに昭和萌えっ子芸人(うろ覚えタイトル)ですよ!だれも覚えてないね!

さぁこの娘は誰でしょう?ヒントはほっぺの代数と派手な着物!例の如く全く似てませんので勘が頼りだ!答えは来週!











|

« 2014年3月 | トップページ