« たけしのポテンシャル | トップページ | 緊張と緩和と愛嬌 »

明けましてひきました

Gantai_3 新年明けて随分日にちが経過してしまいましたが、明けましておめでとうございます。

みなさんはどの様なお正月を過ごされましたでしょうか。おもちは食べましたか?私はネームを描きながらの年越しでありました。おもちをひとつも食べられなかったのが心残りです。

上のイラストは先日編集部にネームをFAXする際、はじっこに描いた落書きなのですが、風邪をひいて両目に結膜炎を患ってしまった担当さんをからかう内容がまずかったのでしょうか、今度は私が風邪をひいてしまいました。天罰が下ってしまったのでしょうね。

今年の風邪は厄介ですね。三日寝込んでやっと起き上がれるくらいまで回復しましたが、微熱と咳が治りません。私の様な引き籠り人間は特に生活に支障はありませんが、時期的に受験を控えておられる方やバレンタインに向けて気合いを溜めておられる方などいらっしゃいましたら、くれぐれもご自愛くださいね。

少しでも喉がおかしいな、と感じたら大根をハチミツで漬けたものを作りましょう。小さいお友達はお母さんに作ってもらいましょう。私はゴホゴホいいながら一人寂しく作りました。病気中は気が弱くなってしまうのが嫌ですね。  もう絶対に風邪はひかない!

さて体力も回復しましたので、改めて担当さんを(罪滅ぼしも兼ねて)ご紹介します。

Photo_3もしかしたら見る方によってはリスに見えなくもないかもしれませんが、頑張り屋でとても優秀なリス編集さんです。因みに「乙女のホゾシタ」に出てきた獅子丸というキャラクターのモデルにもなってます。

ご本人は至って温厚な性格なのですが「こんな見た目の人が腹の中で毒づいてたら面白いなぁ」という考えからあんな感じになりました。

今年はまた新たな漫画をみなさんに読んでもらえるようリス科の担当さんと頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いします。 

|

« たけしのポテンシャル | トップページ | 緊張と緩和と愛嬌 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事