« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

鼻血と将棋

みなさんこんばんわ。厳密に言うと、もうおはようございますですね。

先日知人と池袋で開かれている羽海野チカ先生の展示会に行ってきました。

ご説明するまでもありませんが、とても丁寧で美しいカラーイラストを描かれる先生なので、是非直接作品を拝見して自身の勉強になればという事で行ってきたのですが、今回の日記の本題はその後の話になり、只今非常に冷静さを欠いた状態なので、以下箇条書きにさせていただきます。

☆展示会の内容の素晴らしさに感動「羽海野先生ってスゴイ!漫画も面白そう!」

☆「3月のライオン」を読む。「将棋って面白そう!」

☆簡単なルールと駒の動かし方だけ覚える。「コンピューターと対戦してみよう!」

☆一度も勝てず悔しさのあまり鼻血を出すほど憤怒、悶絶。←いまここ、現在朝の5時です。

書いててちょっと情けなくなりましたが、だいたいこんな感じです。

しかしアレですね。普段ゲーム的なものを全くやらないので、負けるという事がこんなにもはらわたが煮えくり返る程に悔しいものだと思いませんでした。

だいたい日常で訪れる怒りや悔しさなどは、自分にも落ち度や反省点があるので次第に消沈していくものですが、ゲームで負けるというのは自分の実力不足も込みでシンプルにひたすら悔しいです。あまりに悔しいので、こうして日記を書いています。

以前、担当さんから私の尊敬するM先生が「ネームは詰め将棋の感覚と似ている」と仰っていたという事を聞いていたので、もしかしたら将棋が強くなったら同時にネーム力も上がるんじゃないかな・・という下心がなくもなかったのですが、ここまで弱いと私の漫画大丈夫かと心配になります。だけど、集中力をすごく必要とするゲームですね。少しでも気が緩むと、あっという間に負けてしまいます。あと精神力と忍耐力と・・・私に足りないものが全て詰まっている気がする・・

自分は本当にせっかちで幼稚で感情的な人間なので、将棋の素質は全く無いと思いますが、精神修行も兼ねて趣味にできたらいいなぁと・・・だけど・・コンピューター相手にこんなに取り乱すくらいだから、人間と対戦したら殴りかかったり大号泣しそうなので一人で細々と楽しみたいと思います。強くなったら絶対楽しそうなのに!強くなりたい!!

|

天国で地獄

みなさんこんにちは。今日は埼玉は久しぶりの晴れです。洗濯をしております。みなさんのお住まいの地域はいかがでしょうか。

最近はネームをしているので、なかなか日記やお絵描きができずにいます。せっかくこんな地味なブログを覗いてくださってる方もいてくださるのに、大変心苦しいです。すいません。

昨日は完成したネームを持って、1年半ぶりくらいに編集部にお邪魔しました。

丁度ご飯時だったので、編集部のどなたかの為に出前されたかと思われる鰻重をご馳走になりました。一体誰の鰻重だったんだろう・・・。どうもごちそうさまでした。

ネームはこんな感じで書き進めてみてちょ、との事なのでどんどん書いていこうと思います。ずっと頭の中で沸々と溜め込んでいたものを、いざ紙に書き写すと、ぶわ~っと枝が伸びて葉が茂っていく感じでメモの量がすごい事になるんですが、それを集めて整理して漫画の形にしていくのが大変ですが面白いです。1日も早く皆さんに読んでいただける様に頑張りたいと思います。絵も・・・絵ももちろん練習します!

ところでネームって一体何なのさという方もいらっしゃると思うので簡単にご説明しますと、原稿を描く前にこんな話にしよ~っとという感じで、ペラペラの紙にラフでざっと書いたものをいいます。これをまず担当さんにチェックしてもらっておかしいところは直します。連載前はだいたいどんな話になるかな~という事で何本か先まで書き進めておきます。たぶんこんな感じです。

では実際どんな物なのか見てみましょうね。

今書いている物はさすがに載せられないので、ホゾシタのネームで見てみましょう。

1 これは連載が始まる前に書いたものです。キャラの判別もつくし、一応字も読めますね。

これが連載が始まるとどうなるか見てみましょう。

Photo 人間余裕がなくなると、読む相手の事を一切考えなくなることが分かりますね。これを解読する編集者の方々はすごいですね。

それではいきなりですが「夏休みだよ!ネームクイズ!」誰が誰か分かるかな???Maomaya_2

Komatutakenaka_3

Shouko_3

Tasiro

最後が少し難しいですね。ヒントは頭の上のギザギザです。

|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »