« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

夏休みだよ!不思議生物観察記録

Kesaranpasaran_3 今日道を歩いていたらケサランパサランが浮遊していたので捕まえました。

小さいお友達はご存知でしょうか。

案外遊びやジンクスなどは世代を超えて不思議と引き継がれていたりするので知っているかもしれませんね。

ケサランパサランは植物の綿毛なのか動物の毛なのか生き物なのか何なのかよく分かんないそうです。ロマンですね。

たまに風に乗ってフワフワしているので、人目さえ気にしなければこうして簡単に手の中に収める事ができます。

持っていると幸運が訪れると言われてるそうですが、たぶん持ち帰ろうとしても家に着く頃にはクッチャクチャになっている事うけあいなので、人や車に踏まれない様に植え込みの端にでも放してあげましょう。

種類によってはおしろいを与えていると増えたりするそうですよ。フシギ!

|

ずっとあなたが好きだった

Kansei_10

みなさんこんにちわ。

埼玉は昨日半そでではいられないほど寒かったです。あなたのお住まいの地域はいかがでしたか。

昭和萌えっ娘芸人選第2弾はせっかくなんで私が一番好きな芸人さんを描きましょうねという事で昭和の上方漫才を代表するやすし子ちゃんときよし子ちゃんです。

ちゃんとあらかじめ予習してきた小さいお友達にはすっかりお馴染みですね。予習忘れてきた子は置いていくよ!ここは学校じゃないんだよ!

私は漫才はあらかじめ決められたネタからどんどん脱線していって、最後にはちゃんと元のネタに着地するような形の漫才が好きなのですが

関西弁でいうところの「いらんこと」を観客の前で物怖じせず、且つはずさずに笑いに換えられる芸人さんといえば、真っ先に横山やすしさんを思い浮かべます。

とはいえ私が物心付く頃には多くの問題を起こし、あらゆるレッテルを貼られ、とても残念な形で表舞台から去ってしまわれたのですが

こうして大人になった現在も過去の漫才映像を観るにつけ、常人では持ち得ない勘とセンスを持ち合わせた芸人さんだったんだなぁ、としみじみしてしまいます。

なんか・・こうして書いている今もしみじみしてきた・・。

みなさんはどんなお笑いが好きですか。

私は現在活躍されてる芸人さんでは中田カウス・ボタンさんや若い方だと中川家さんが好きです。

中川家の礼二さんの物マネは見ていると何だか里心が付いてしまいますね。すごく人が好きな芸人さんなんだろうなぁ、と思います。

こうして書いていると久しぶりにテレビが観たくなってきました。

今はどんな芸人さんが活躍されているんでしょうね。

|

夏休みだよ!昭和萌えっ娘芸人選!

Kanse3_2みなさん こんばんわ。

今日はなんだか涼しいな~と思っていたらもうすぐ台風が来るそうですね。どうぞご用心ください。

学生の方はそろそろ夏休みという事で、もしかしたらこのブログにも小さいお友達が来てくれるんじゃないかしらという期待を込めて今回は昭和に活躍した芸人さんを女の子ちゃん風に描いてご紹介したいと思います。

第一弾はトニー谷子ちゃんです。(知らないお友達はお父さんかお母さん、もしくはおじいちゃんかおばあちゃんに聞いてね!)

とはいえかなり昔の芸人さんなので私自身もよく知らないのですが、なんとなく風貌や芸風がイメージできるという事は後世に残る程印象深い芸人さんだったのでしょうね。

詳しくは各自でwikiれ!と思ったんですが、さっき私が確認の為に見にいったらなんというか昭和の芸人さんらしく波乱万丈な生涯が書き綴られていてちょっと気持ちが沈んでしまったので小さいお友達はくれぐれもwikiっちゃいけないよ!

という感じでたぶんあと2~3人描けば飽きると思うんですが、色塗りの練習も兼ねて何か描いてみようと思います。

本当はミニマンガが描ければいいんですが、そろそろネームやらないと!なので頑張ります。

それではまた。

|

リピート

Size おはようございます。

連日雨続きですがみなさんいかがお過ごしでしょうか。

私の部屋は雨が振るとなぜか犬小屋みたいな匂いがするんですがなぜなんでしょうね。

押入れにこっそり住んでるのかもしれませんね。

以前読者の方から「熊先生が私の好きなバンドのボーカルに似てるから好きです」という内容のお手紙をいただいて「へ~」と興味本位で聴いてみたら、とても素晴らしかったのでそれから毎日聴いてます。

テレビもないし、ラジオもちょっと飽きてきていたので大変助かりました。どうもありがとうございます。

上のイラストは素敵な音楽を教えてくださったお礼に一応そのバンドの人達を描いてみたんですが、顔が完全に熊先生ですね。私がこの顔しか描けないんでしょうね。もっと精進します。精進しますがギターはたぶん一生かかっても描けないと思います。

あと、「熊先生のモデルはいるんですか?」というご質問もいただいたのですが、本当は当初イメージでは若い頃の三船敏郎みたいな渋いおじさんにしたかったんですが、私の画力がアレなもので随分線の細い若者になってしまいました。

だけど実際三船敏郎みたいになってたら、最終回で女子高生と手を繋いで歩いてる姿とかいろいろシャレにならなかったんで結果的には良かった気がします。

久しぶりにパソコンで色を塗ったら操作の仕方を完全にど忘れしていたので(元々よく分かってないですが・・)こっちも勉強しないと駄目ですね。あ!お手紙のお返事がまだ届いてない方、来週までには送りますのであとしばらくお待ちください!画材を切らせてしまって、なかなか都内に出るタイミングがなくて遅れておりますが、その分気合入れて描きますのでちょっと待っててくださいね~

もしかしてバーゲンも行きそびれたんじゃないかという気もしますが、みなさんは私の様にうかうかしてお目当ての物を買い逃さない様、充実した日々をお送りください!それでは。

|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »